独学VS通信講座VSパソコン教室、自分に合った方法はどれ?

MENU

独学VS通信講座VSパソコン教室、自分に合った方法はどれ?

 

独学でパソコンの勉強

 

パソコンを学ぶと一言にいっても、独学・通信教育・パソコン教室といったスタイルがあれいます。独学でグングン伸びる人も入れば、なかなか1人では伸び悩む方も。それぞれのメリット・デメリットを知り、自分にピッタリの学習スタイルを見つけて行きましょう。

 

独学でパソコンを学ぶメリット・デメリット

一番お金をかけずにパソコンを学ぶ方法と言えば、独学です。ただし、人を選ぶので合わない方だと一度躓くとなかなか立ち直れないこともあります。メリット・デメリットを見ていきましょう。

独学のメリット
  • 1台のパソコンと教材1冊あれば十分!経費が最小限で済む
  • 自分の好きな時間に学べるので、空き時間を有効活用できる
  • 通学にかかる時間・経費を削減できる
独学のデメリット
  • 最低限の基礎知識が必要
  • 教材に外れも多く、勉強をする時間と同じだけ教材を吟味するための時間がいる&教材の良さを見極める力が必要
  • 勉強を優先するというやる気が長続きしない傾向にある
  • 一度躓くと、解決までに時間がかかり過ぎて挫折することも

 

独学はもっともお手頃にパソコン知識を学べる方法ではりますが、一度躓くと、自分で解決策を探し、トライして、また分からなくなりと、解決までに時間がかかり、苦手意識を感じるようになることもあります。「何が分からないのか」・「何を学びたいのか」目標とすべきスキルが見えていて、もくもくと勉強できるタイプの方におススメです。

 

通信講座でパソコンを学ぶメリット・デメリット

「時間がなく、かつ自力でのパソコン能力習得が難しい、どのテキストを参考にしたら良いのか分からない」そんな方に選ばれるのが通信講座です。

通信講座のメリット
  • 受講料がスクールに比べると安い!スクールは総合的なスキルを身につけるためには50万円以上が目安ですが、通信講座であれば30万程度で受講できることも
  • 自分の好きな時間に学べる
  • 近くにスクールがなくて質問できない時でも、通信講師によるバックアップを受けられる
  •  

    通信講座のデメリット
    • 1人で学ぶので途中放棄してしまうこともある
    • 指定された教材が合わないと、学習が億劫になる

     

    独学に次いでお手頃にパソコンを学べる通信講座。「テキストをまとめて購入したのは良いけれども、結局自分に合わず、放置状態」に陥る方もいます。しっかりとテキストの内容を吟味し、継続的に続けるのがストレスにならないか想像してみてください。特に躓いた時が運命の別れ目です。スグに相談できるバックアップ体制があるのかを重視してみましょう。

     

    パソコン教室で学ぶメリット・デメリット

    出費は覚悟で確実に効率的にパソコンスキルを習得したい方に人気のパソコン教室。メリット・デメリットを見ていくことにしましょう。

    パソコン教室のメリット
    • 講師の先生がいるので、躓いたらすぐに質問→解決して前に進める
    • 独学で本を読んで作業してという工程よりも、分かりやすく教えるプロである講師の説明の方が頭に入ってきやすい
    • 定期的なレッスンで、学ぶ意欲や意志を持続させることができる
    •  

      パソコン教室のデメリット
      • 受講料は高め。値段はパソコン教室によって違い、週1で月謝が1万円〜3万円と幅があります。コースとなると数十万円〜の料金設定になることも
      • 講師の質によってレッスンの充実度が左右される
      • 忙しい人だと、時間を指定されるタイプのレッスンだと、時間の融通が難しく通いにくいこともある
      • 自分に似合う教室・似合わない教室がある
      •  

        生徒の能力はそれぞれに違うのに、同じテキストを使用したり、テキストに沿って必要のない箇所まで学ぶのでは効率が良いとは言えませんよね。対面式のパソコン教室だからこそ、生徒に合わせた教材の提案や個々人の能力を伸ばす指導方法で、より効率的にストレスなく学ぶことができます。

         

        まとめ

        パソコンを学ぶスタイルにも色々あります。どれを選択しても、「継続して学習すること」が最も大切です。それぞれのメリット・デメリットを考えたうえで、実際に自分が勉強するシーンを思い浮かべてみて下さい。どの方法が一番居心地よく感じましたか?経済・体力・時間全てにおいてより負担なく、ストレスなく継続して学べる方法をぜひ、真剣に選んでみて下さいね。