あなたの知らないパソコン教室のあれこれ

MENU

パソコン教室に通うための費用はどのくらい?月何回通うのがベスト?

 

パソコン教室の費用は?

 

パソコンに苦手意識を持ちながら、1人で学習するのは難しいですよね。そんな時にパソコン教室に通うことを検討する方も多いかと思います。ここでは通う前に知っておきたい、パソコン教室の費用相場や、パソコンスキルを身に付けるに最適と言われるレッスンの頻度についてご紹介します。

 

パソコンの費用相場〜パソコン教室によって値段が違います

パソコン教室の費用相場を言い当てるのは難しいです。というのも、パソコン教室によって1時間あたり1,200円前後〜5,000円と値段が大きく違うからです。特に広告にお金をかけているパソコン教室だと割高な傾向にあります。

 

こうした値段の差を生み出す理由として、立地条件(駅前やアクセスしやすい場所)や人件費(ジョブカウンセラー、就活カウンセラーが常駐しているなど)が挙げられます。安ければ良い・高いから良質なレッスンをしてくれるとも限りません。

 

パソコン教室の提供しているサービスに過多な点はないのかなど、しっかり見学レッスンで確認し、自分の目指すスキルを学ぶにあたって妥当な値段なのか考えていきましょう。例としてレッスン体形ごとの相場費用をご紹介します。

個別指導

1時間:1,500〜4,500円

教室授業

10万円〜25万円 

 

初心者がエクセルをマスターするのに必要な授業料はどの位?

初心者の方がエクセルの初歩〜資格取得レベルになるまでに必要な費用をご紹介します。
安く見積もって…
1,200円×35回=42,000円
高く見積もって…
4,500円×35回=157,500円

 

レッスン料の違いで、こんなにも違いがでてくるのです!

 

パソコン教室は週に何回行くべき?

最低でも週に1回、出来れば2回以上が良いと言われています。特に週に1回のペースを選ぶならば、しっかりと次のレッスンまでに毎日少しずつでも復習することが大切です。ダンスやピアノ教室などの習い事と似ています。

 

パソコン教室はただ学ぶ場所であって、学んだことをアウトプットしていかないと、人間は簡単に忘れてしまうんですね。パソコン教室に頼り切りでは、次のレッスンで思い出すまでに1時間かかってしまいます。習ったことを復習し、分からなくなった点を質問できる状態にして次のレッスンに臨みたいものです。

 

週ごとにパソコン教室に通うのが難しい場合もありますよね。そんな時には、1日短期講座や数日講座など、集中的に通う方法もあります。習ったことを忘れてしまう前に練習をかさね、次の段階に進めるので、効率的に短期間でスキルを身に付けたい方や、自宅での復習に時間をかけられない方におススメです。

 

まとめ

パソコン教室の相場はスクールによってかなり違います。中には授業料が安く設定されていても、その他の教材や入会金を高く設定しているケースもあるので、要注意です。パソコン教室の提供してくれるサービスに必要のないものはないか、求める取得スキルに見合った金額なのかを確認しましょう。また、週に1回〜2回は通うことを想定して、通い続けられる金額なのかをチェックするのもまた大切かも知れませんね。

 

 

就活生・学生は必読!パソコン教室のメリット&学べるコト

 

学生とパソコン

 

レポートの作成などで学生には欠かせないパソコン。身近なようですが、社会に出てから通用するパソコンスキルを身に着けている学生はとても少ないんです。最近では、就活や社会人になった時に備えたいと、学生の時からパソコン教室を受講する人が増えてきています。どんなメリットがあるのか具体的に見ていくことにしましょう。

 

就活生・学生にパソコン教室が人気・メリット満載な理由

勉強するだけが仕事の学生時代も長くは続きません。その先に就活が待ち構えています。最近では大手企業でも採用人数が少なく、多くの学生が就活に苦戦しています。採用する側も採用数が少ないからこそ審査が厳しくなるものです。さらに出来ることならば即戦力となる人材を採用したいと考えています。そこで注目されているのが「パソコンスキル」です。4月入社の時期に御馴染みの風景をご紹介しましょう。

パターン1:
上司:ちょっとこの資料エクセルでまとめてくれる?
新卒:エクセルって…使ったことないんですが。
上司:…(どこから指導が必要なんだ…)

 

パターン2:
上司:データ入力してもらえる?
新卒:かしこまりました(スマホなら早いのに。キーボード入力、苦手だな…)
上司:あれ?まだ出来ていないの?(何でこんなに時間がかかっているんだ?)

 

こんなやり取りを繰り返しているからこそ、学生がどの位のパソコンスキルを持っているのか、採用側からすると非常に気になる・高評価なポイントになります。

 

ワード、エクセル、パワーポイントなどの社会人に必要なパソコンスキルだけでなく、能力を可視化する「MOS Excel Word」・「MOS Excel Word PowerPoint」などのパソコン資格の取得で履歴書に差をつける事ができるんです。

 

パソコン教室で社会人デビューに向けて準備を始めよう!

仕事ではExcel ・Word・Powepoint の知識が必要になります。エクセルでは関数が必要になりますし、「大丈夫だろうか…」なんて心配な方も多いはず。パソコン教室ではこんなことを学べます。

仕事に必要なExcelスキル

「エクセルは何となく使い方を知っているけど、仕事でどんな機能が必要になるのか知らない」、「学ぶと言っても、何から手をつけてよいのか分からない」こんな時にパソコン教室が役立ちます。

 

学業やバイト、就活で忙しい学生だからこそ効率的に学びたいものです。パソコン教室に通えば仕事で必要な機能、自分の苦手な機能をピンポイントで学ぶことができます。関数やピボッドテーブルの使い方をマスターして、大量のデータ処理も簡単に行える能力を付けてみましょう!

 

魅力的で訴求力あるPowerpointスキル

学生時代にパワーポイントで資料を作成する方も多いですよね。社会にでると学生時代以上にPowerpointを活用する機会が増します。同じ内容でもデータの乗せ方、まとめ方でずいぶんとプレゼンの印象を変えます。要点をしっかりまとめ、魅力的なプレゼン資料をどうやって作るのか、そのノウハウを学ぶことができます。

 

資格取得講座

Excel ・Word・Powepointを使いこなす能力を証明する資格取得に向けた講座を受講できます。履歴書に資格として記載できるので、学生のパソコン離れが著しい採用現場では一目置かれることでしょう。

 

更なるスキルアップ

例えば、エクセルを一通りマスターすれば「Excel VBA」など、ワンランク上のスキルを学べるようになります。上司や同僚が関心してしまうほどのスキルで、スタートから周りと差をつけてみませんか?

 

まとめ

パソコンが普及した90年代以降に成長した世代、「デジタルネイティブ」にあたる学生・就活生。ですが、実際にはパソコンよりもスマホとの接点の方が多く、必要最低限のパソコンスキルしかないというのが現状です。

 

パソコンスキルは社会に出れば必ず必要とされるものですし、上を目指すのであれば尚更、高度なスキルが要求されます。社会に出てからパソコンがネックになり、つまらないことで躓いてしまうのは勿体ありません。学生のうちからしっかりとパソコン免疫をつけて、将来に備えて行きたいものですね。

 

エンジョイオリジナルテキスト